広島の眼科は「のま眼科医院」へ。
   
のま眼科医院
広島県広島市中区国泰寺町2丁目4-18 地図 お問合わせこちら 電話:082-249-5585
あなたの症状は?
物がダブって見える(両眼で見て)
トップページあなたの症状は? > 物がダブって見える(両眼で見て)

広島の眼科・白内障・緑内障・眼瞼下垂はのま眼科医院

一般に両目で見たときに物が二重に見え、片目にすれば改善するものを「複視(ふくし)」といいます。
難しい表現を使えば、両眼視機能が獲得された後、種々の原因で生じる眼球運動障害によって起こります。

複視が生じる原因は実にさまざまで...

1、脳及び脳神経の異常で生じるもの
脳幹出血・梗塞に伴う核性・核間麻痺(高血圧・糖尿病が原因となることが多い)
手術時の脳神経損傷・外眼筋損傷(副鼻腔手術・脳外科手術時・翼状片手術)

2、頭部外傷が原因で起こるもの
眼窩壁骨折(下壁・内壁)、滑車神経麻痺、内頚動脈海綿静脈洞瘻

3、ある種の内科疾患が原因となるもの
糖尿病による脳神経麻痺、甲状腺異常、筋無力症、多発性硬化症、Fisher症候群

4、斜視によるもの
内斜視による同側性複視、外斜視による交叉性複視、これ以外にも多種の原因が考えられます。
よって複視が生じた場合、眼科医は上記の疾患その他の可能性を考えながら検査・診療を行う必要があり、
そのためには他科(脳神経外科、内科、その他)との連携が不可欠であると言えます。

 

 

トップページ ・設備紹介 ・診療案内 ・あなたの症状は?
治療・手術 ・よくある質問 ・サイトマップ ・ブログ
広島企業紹介リンク集 ・無料サイト登録  
のま眼科医院
〒730-0042 広島県広島市中区国泰寺町2丁目4-18 地図
TEL:082-249-5585 FAX:082-240-4585

このサイトにおける画像・文章などを無断でコピー、使用、転載することを禁じます。 (C) のま眼科医院